新卒・キャリア・シニア・障がい者採用情報 オリエンタルコンサルタンツ 採用サイト
構造/保全

好きなことを仕事にできる会社
主体的な行動で信頼をつかむ

山崎 彩
2023年入社
新潟大学卒

山崎 彩
2023年入社
新潟大学卒

OCを選んだ理由

物理の教科書から橋の魅力を知る
幅広い知識を得られるのが魅力

高校の授業で橋の構造力学を学び、橋梁のかっこよさに魅了されました。大学には橋梁や構造を専門的に学べる学部がなく、土木学科を選択しましたが、「橋梁に関わる仕事がしたい」という気持ちは途絶えませんでした。実は、就職活動中、ゼネコンかコンサルかでかなり迷っていたんです。どちらのインターンシップにも参加しましたが、なかでも、OCは社員同士で闊達に意見交換を行い、若い社員も積極的に質問をしているところが印象的でした。、私は、橋梁分野を広く深く学べると同時に、自由に意見を言い合える社風を望んでいたので、インターンの参加時にはすでに「この会社に入ろう」と決めていました。

仕事のやりがい

チームの支えで基礎を習得後
自ら手を挙げ希望の業務に参画

1年目は橋梁耐震設計、橋梁詳細設計、橋梁予備設計に携わったものの、知識がまったくない状態だったので、上司が言う単語の意味も分からない状態でした。私が困っていると、隣にいるコーチャーが声をかけてくれて、不明点や疑問点はすぐに解消することができました。特に気をつけていたのは、スケジュール管理です。見通しを立てるのが難しく、一つひとつの工程に予想以上の時間がかかっていました。そこで、自分のやるべきことを書き出し、上司に報告することで、適切な業務量はどのくらいかを覚えていきました。そんな日々を送るうちに、新設の橋梁に携わりたい気持ちが芽生えたんです。上司に直談判すると、山梨県の橋の予備設計に携われることになりました。予備設計では、橋台位置の検討や橋種選定など、他のプロジェクトにも応用できるような検討を行います。この検討結果を自分一人で説明し、発注者の理解をいただけたときはとてもうれしく、やりがいを感じました。

これからの目標

成長した自身と向き合い
2年後には先輩方と同じステージへ

橋梁は、まちのシンボルにもなる大きな構造物です。地域の方々に注目されるインフラに携われることが、この仕事の一番の魅力だと思います。今後、挑戦したいのは耐震設計です。以前に少しだけ関わったことがあるのですが、当時は不明点ばかりでうまく進まず、各工程に多くの時間をかけていました。あれから1年が経ち、基礎を身につけ、検討できる範囲も広がった今、もう一度挑戦してみたいですね。また、入社前から狙っていた技術士資格も、受験資格が得られる4年目には取得したいです。技術士として活躍されている上司や先輩の姿にはいつも刺激を受けていますし、取得に際しても手厚いサポート体制が整っています。社内外の方に尊敬されるコンサルタントを目指し、これからも努力を重ねていきたいです。

入社希望者の方へのメッセージ

周りの社員は学習意欲が高く、若手の先輩社員の方々も知識が豊富で、分からないことがあると教えてくれます。そのような環境で、主体的に周囲と関われる人がOCで成長していける人材だと感じます。大学で学ぶ知識も基礎知識としては役に立ちますが、仕事を進める上では入社後に学ぶことの方が圧倒的に多いです。入社後にしっかりと学んでいくためにも、まずは後悔のないように学生生活を楽しんでください。