事業紹介

ソフト・ハードの両面で社会・地域を災害から守る

~「事前防災」+「防災教育・防災訓練」+「災害復旧・復興」による国土・地域の強靱化~

毎年のように地震、津波、台風・豪雨などによる自然災害が発生し、人命や財産に甚大な被害をもたらしています。 私たちは、平常時のソフト対策とハード対策による「事前防災」や「防災教育・防災訓練」、「発災後の災害復旧・復興」までの対応を一連で展開し、これからも国土や地域の強靱化に向けた取り組みを進めてまいります。

道路防災

道路液状化マップ作成

空間情報技術や地盤解析技術を活用した道路防災行政のマネジメントを支援

道路は地震や風水害による災害発生時に救助・救援活動、広域的な緊急物資の輸送を可能とし、避難路や避難場所としても副次的な役割があります。 このような道路に対して、地震、風水害等の各種ハザードから道路を守るために道路防災事業を展開しています。

  • 道の駅等の防災拠点化

    道の駅やSA・PAの防災拠点化に向けて、可能性調査や各種設備(情報発信、太陽光発電など)の計画、設計を行いました。また、指定管理者制度を利用した道の駅の管理や利用者増に向けた経営支援も行っています。

  • 道路啓開訓練の実施

    首都直下地震を想定した道路啓開の実動訓練として、瓦礫除去訓練の企画や運営を行いました。

  • 地震対策型段差抑制工法の開発

    中央大学研究開発機構、NIPPO、前田工繊、当社の4社は、橋台背面や土被りの浅いボックスカルバート部にも適用できる地震対策型段差抑制工法を共同開発しました。

水防災

津波避難シェルターの設計

山から海にわたる水防災行政に対するハード・ソフトの両面からの支援

洪水や高潮、津波等の風水害に対して、施設だけでは国民の生命や財産を守り切れない「水防災意識社会の再構築」の考えに立ち、 社会全体で洪水や高潮、津波等に備えるためのソフト対策及びハード対策による水防災事業を展開しています。

  • 津波シミュレーションの実施

    津波シミュレーションにより、沿岸地域での津波高や流速、陸上での浸水深を詳細に予測しました。また、河川遡上のシミュレーションの結果をもとに、河川堤防の嵩上げによる津波対策工の検討を行いました。

  • 津波ハザードマップや防災手引きの策定

    住民の防災意識向上を高めるため、津波被害を想定したハザードマップや、防災手引きを策定しました。

  • 氾濫シミュレーションによる地下街の 浸水危険度評価

    都市部での集中豪雨を対象に、地表面の流水と下水道の氾濫を考慮したシミュレーションを実施しあ、地下街の浸水危険度を評価しました。

都市・地域防災

土砂災害に備えた避難行動計画の策定

安全・安心の地域づくりを見据えた「自助、共助、公助」の総合的支援

地震や風水害から国民の生命や財産を守るために、安全・安心な都市・まちの実現に向けた「公助」の強化に加えて、 「共助」や「自助」による防災行動を促進するための防災教育や防災訓練等の都市防災事業を展開しています。

  • 各種災害を想定した地域防災計画の策定

    行政の災害対応能力向上のため、東日本大震災等、近年の災害を踏まえた地域防災計画(震災対策編、津波対策編、原子力発電所事故編等)や関連マニュアル、広報資料等の作成を行いました。

  • 要配慮者施設を対象とした避難訓練の実施

    土砂災害を想定し、病院の患者等が安全な場所へ迅速に避難できるよう、垂直避難の訓練の支援を行いました。

  • 都市トンネルでの火災に備えた防災設備の検討

    トンネル内の火災シミュレーションを行い、避難可能な時間を把握するとともに、その時間内で避難できる非常口の設置間隔について検証しました。

TOP