分野別

道路(道路/高速道路/トンネル/地下構造物/橋梁)

道路/高速道路

人の流れや物流など経済活動に必要なインフラの構築・維持を支援

設計・計画は、交通計画、橋梁、地下構造、景観、環境、防災グループが一体となり、多角的な視点から、地域のニーズに即した道路整備計画に取り組み、すべての利用者にとって「安全」「安心」「快適」な道路空間の提供を支援しています。

  • RAB予備設計、詳細設計

    道路交通法が改正後に、本格運用された日本初のラウンドアバウトの設計を実施しました(須坂市野辺町)。ラウンドアバウトは、重大事故を抑制し安全性を確保すると共に、信号が不要で経済性に優れ、災害時にも自立した交通運用を図ることができます。

  • 名護東道路(数久田地区)道路予備修正設計業務

    屈曲した道路線形に対しCIMを導入し、信号や案内標識の視認性の検証、安全性に優れる道路設計を実施しました。

  • 三陸沿岸道路事業監理業務

    官民連携の新たな試みである、事業推進PPP手法による道路事業監理業務を受注し、意欲的に活動を展開しています。

トンネル/地下構造物

長年培ってきた技術力で、新設から補修・補強まで総合的に対応

地下施設やトンネルは、地上空間の環境保全や土地の有効利用に大きく貢献しています。当社は、本体・設備の計画から維持管理、補修・補強まで一貫した技術を提供しています。

  • 栗子トンネル

    福島山形両県境に位置する延長約9kmの長大トンネルを設計しました。無料道路では日本最長、全道路トンネルでも東京湾アクアトンネルに次いで5番目に長いトンネルです。

  • 大槌第2トンネル他

    釜石市大槌町に位置する大槌第2トンネル他5トンネルについて、津波等の災害に強い復興道路事業としてトンネル内の非常用設備、照明設備、換気設備、受配電設備を実施しました。

  • 虎ノ門地下歩道設計

    交通量が非常に多い虎ノ門交差点直下で、地下鉄虎ノ門駅と接続する、大規模で形状が複雑な地下歩道の設計を実施しました。

橋梁

将来の保全や運営管理に配慮し、美観や維持コストに配慮した橋を設計

ニーズが多様化している現代、橋にも「美しさ」、「低環境負荷」、「低ライフサイクルコスト」等、様々な機能が要求されています。これらのニーズに応えるため、積極的に新たな技術・工法・手法を用い、次の世代に残る橋の設計を行っています。

  • 北九州空港大橋

    「空港と大地をつなぐアーチ橋」をテーマに景観検討、性能設計による詳細設計を実施しました(土木学会田中賞受賞)。

  • 新湊大橋

    港湾物流の円滑化さらには新たな観光資源となるべく景観検討及び複合斜張橋のPC側径間、接合桁、自歩道の詳細設計を実施しました(土木学会田中賞受賞、土木学会デザイン賞2015奨励賞受賞)。

  • 七色高架橋

    雄大な自然に恵まれた地区の橋梁を踏まえ、高強度材料の採用による地形改変を最小限化し、環境保全に配慮した橋梁設計をしました(土木学会田中賞受賞、全日本建設技術協会全建賞受賞)。

TOP