プロジェクトストーリー

時間軸を考慮したCIMによる道路設計

建設生産システムの効率化に寄与する画期的チャレンジ。
プロジェクトを通じ、ICTを活用した次世代型道路設計の第一人者に。

蒲郡バイパスの道路詳細設計を試行業務とし、
時間軸を考慮した四次元モデリングに挑戦。

CIM※1とはICTを活用し、調査・設計段階から三次元モデルを導入。施工・維持管理まで連携・発展させ、建設生産システムを一元化し効率を図るもの。国交省では建築分野におけるBIM※2の思想を取り入れ、土木建設分野全般に運用するため、CIMの導入を検討してきた。
「試行業務の対象区間は、蒲郡バイパスの一部。橋梁と土工の区間がそれぞれ半分ずつ、近所に住宅地や工場があり、施工時に問題のある場所を選定しました。今回は三次元モデリングに加え、時間軸を考慮した四次元モデリングを実施。施工のプロセスがアニメーションで分かりやすく表現できる、画期的な成果物となりました」
笑顔でそう語る水野だが、完成までは決して楽な道のりではなかった。四次元モデリングは今回が全国初の試みだったのだ。
「モデリングにあたり、PCのスペックや使用ソフトの検討など、周辺環境の整備からスタートしました。使用ソフトのCivil3Dは、汎用性こそ高いものの道路専用のソフトではないため、自動設計ではなくほとんど手動で作成。ICTのメリットを全く感じない状況でした(苦笑)。しかも全国的な試行業務で、国交省や国総研などからの問合せや締切に追われる日々...。その甲斐あって完成した時には、それまでの苦労が吹き飛びました」
試行業務とはいえプロジェクトの注目度は高く、雑誌や新聞の取材を数回受けたと言う。

pr_road02-2.jpg
OCが実施したCIM試行業務のうち、橋台付近の様々な施設(橋台、擁壁、排水構造物、踏掛版等)が存在する箇所の三次元データ。設計者、施工者が輻輳する箇所であるため、計画の不整合を解消することが可能。その他、施工ステップ、地盤の地質情報などの三次元化も実施。

CIMのメリットと課題を具体的に検証。
中部エリアの第一人者として問合せに対応。

試行業務の効果検証において水野は、CIMのメリットと同時に数多くの課題を語った。
「CIMの導入メリットとして、施工手順がアニメーションで表現でき分かりやすい点があります。また橋台と擁壁との整合確認など、設計・施工の不整合が生じやすい箇所のミスが削減できるのではないでしょうか。不可視部分まで三次元化できるため、維持管理の段階でデータを活用できると思います。一方、CIMを本格的に導入するためには専用ソフトの開発や、基準・制度を含めた建設生産システム全体の見直しが必要になります。敷地が制約された建築物では、三次元・四次元への移行は比較的容易です。しかし土木では施工エリアが広い上、地形や地質に左右されやすいところがあります。今回は地形・地質も一から作ったため、手間がかかったというのが正直な感想。まだまだ工夫する余地があると感じました」
今後は調査〜計画〜設計〜用地取得〜積算〜施工〜維持管理という、事業全体を網羅した一元管理を実施するため、CIMに期待が寄せられている。本プロジェクトを終えて、中部エリアではCIMの第一人者となった水野。問合せや講師依頼に対応する忙しい日々を送っている。
※1 CIM...Construction Information Modelingの略。
※2 BIM...Building Information Modelingの略。

(2014年10月)

水野 耕治(みずの・こうじ)

中部支社 技術部 次長 愛知工業大学卒
入社後10年間、道路全般・トンネルの設計に従事。現場における施工管理も経験する。現在は道路の維持管理業務など幅広く携わる。

水野 耕治(みずの・こうじ)

中部支社 技術部 次長 愛知工業大学卒

入社後10年間、道路全般・トンネルの設計に従事。現場における施工管理も経験する。現在は道路の維持管理業務など幅広く携わる。

TOP