プロジェクトストーリー

河川・砂防の防災

施設整備や避難行動計画などハードとソフトに対応。

ハード対策は河川では堤防やダム・排水機場の整備、砂防では土砂を止めるための砂防堰堤、火山泥流や山からの流木を防ぐ施設整備などです。ソフト対策は河川・砂防ともに、災害に対する被害想定が第一歩。それに準じた避難行動を促す対策を行います。避難する施設や場所、そこにいたる経路を地図で表したものがハザードマップ。大雨注意報や大雨警報が発令されて、行政がどういうタイミングで情報を提供し、住民がどうやって行動するかを示したものが避難行動計画です。人が亡くなると大きく報道されますが、実際はたまたま人的被害がなかっただけ...、そんなケースは全国で頻繁に発生しています。そのため、避難訓練や防災教育、さらにシンポジウムの開催など啓蒙活動を行っています。また、行政が発災時に的確なマネジメントができるかが重要。住民と行政の両者が意識・関心を高めることが、防災・減災には不可欠です。
自治体だけでなく民間企業にも防災対策が波及しています。東京の丸の内・大手町地区では、ゲリラ豪雨に対する地下街の浸水対策のため解析業務を実施。また、世界的アルミメーカーの工場より依頼を受けた業務では、災害時の事業継続を検討しました。近年、大規模地震だけでなく気候変動に伴う豪雨・豪雪の多発など、防災・減災へのニーズはますます高まっています。大切な人命や資産を守るため、責任と使命感を持って取り組みたいと思います。

pr_rivers02-2.jpg
東京の丸の内・大手町地区で実施したゲリラ豪雨による浸水シミュレーションの結果。

(2015年5月)

中尾 毅(なかお・たけし)

事業本部 防災事業推進室 室長 兼 関東支社 河川港湾部 部長 関西大学卒
河川計画・管理を専門に、河川氾濫やゲリラ豪雨の解析を実施。昨今の傾向をふまえ都市防災の観点から都市計画に興味を持ち、防災・減災の広域的なソフト対策を行う。

中尾 毅(なかお・たけし)

事業本部 防災事業推進室 室長 兼 関東支社 河川港湾部 部長 関西大学卒

河川計画・管理を専門に、河川氾濫やゲリラ豪雨の解析を実施。昨今の傾向をふまえ都市防災の観点から都市計画に興味を持ち、防災・減災の広域的なソフト対策を行う。

TOP