プロジェクトストーリー

「いなばの国」に新たな息吹をはぐくむトンネル設計プロジェクト|鳥取県

街と街、人と人、心と心を結ぶ、結び風

鳥取西道路は、豊かな観光資源を有する鳥取県東部地域において山陰道ネットワークの一翼を担う重要な道路として位置づけられています。豊かな自然に恵まれた沿道には、神話「因幡の白うさぎ」の舞台で「恋人の聖地」にも認定された白兎海岸や、鳥取県東部の5温泉を結ぶネットワーク「いなば温泉郷」などの観光スポットが存在します。
当社は、吉岡温泉IC~浜村鹿野温泉IC間の4トンネル(福井御熊、気高第一、気高第二、気高鹿野)および鹿野トンネル南の計5トンネルの設計を行いました。
私は入社1年目に5トンネル内で最後に設計された鹿野トンネル南の設計に携わりました。

project_honda_ph01.png
<鳥取西道路のうち吉岡温泉IC~浜野鹿野温泉IC間の全4トンネルと鹿野トンネル南の合計5トンネルを設計>

project_honda_ph02.jpg
<雄大な田園風景のなか着々と工事が進む鳥取西道路(浜村鹿野温泉IC~気高鹿野トンネル)>

入社するまでは、「トンネル」は車で通過するだけのものであり、あまり身近な存在ではありませんでしたが、先輩方が情熱を持って取り組んできた鳥取西道路内のトンネル設計を通して、少しずつ愛着と、「トンネル」という構造物の重要性に気付くことができました。
山を切り開かず、山中を通るトンネルは土木構造物の中では、自然環境に優しい構造物といえます。そして、本来ならば何時間もかかる道中も、トンネルによって短縮することができる。そんな重要な構造物の設計を行えることに今では幸せを感じています。
その地域で生活している方々、遊びに来る方々、沢山の人々に貢献できる大きな事業の一端を担えたことを誇りに思っています。
トンネルを吹き抜ける風は、道と道、街と街、人と人、そして、心と心を結ぶ、結び風です。これからも、諸先輩方の高い水準の技術を学びながら、素敵な風を届けられる一人前の技術者になれるよう、日々精進して参りたいと思います。


project_honda_ph03.jpg project_honda_ph04.jpg
<いなばの国は「因幡の白うさぎ」をはじめとした神話のふるさと。様々な観光資源に恵まれる>

本多 玲奈(ほんだ・れな)

関西支社 地下構造部 技師 京都大学大学院修了
2016年入社の4年目。化石の研究室からトンネルの世界へ。短いトンネルの設計が多かったため、長大トンネルに憧れている。

本多 玲奈(ほんだ・れな)

関西支社 地下構造部 技師 京都大学大学院修了

2016年入社の4年目。化石の研究室からトンネルの世界へ。短いトンネルの設計が多かったため、長大トンネルに憧れている。

TOP