経営の考え方

OCウェイ(経営理念・経営姿勢・行動指針)

OCウェイ(経営理念・経営姿勢・行動指針)とは、オリエンタルコンサルタンツの使命や大切にすべき考え方、行動の原理原則を示したものです。
そして、OCウェイは、社会の一員、企業の一員として、どう考え、どう行動すべきかを判断する全役職員共通の価値観となるものです。
我々は、“企業は社会の公器である”ことを自覚し、社会インフラに関わる最高の総合的・知的サービスを提供することで、皆様から信頼される企業になるよう、努力を続けてまいります。

『経営理念』

目的・使命 ~私たちは何のために存在しているのか~

オリエンタルコンサルタンツは、次の3つの満足を追求し、真に魅力ある企業を実現します。

  1. 一.全社員の物心両面の豊かさを追求する(社員満足)
  2. 一.お客様に最高の総合的・知的サービスを提供する(顧客満足)
  3. 一.世界の人々の豊かなくらしと夢の創造の実現に貢献する(社会貢献)

『経営姿勢』

大切にすべき考え方 ~私たちは何を大切にするのか~

オリエンタルコンサルタンツは、次の4つの考え方を大切にします。

  1. 1. 顧客や社会から信頼される企業になる
  2. 2. 個の成長、企業の成長、豊かさの実感の好循環を生み出し、
    情熱とやりがいを醸成する
  3. 3. 好循環を生むために、適切な利益を追求する
  4. 4. 役職員一人ひとりが主役となる全員経営の推進、
    経営基盤の強化を行う

『行動指針』

心がけ・行動の在り方 ~私たちはどのように行動するのか~

私たちは、一人ひとりがプロフェッショナルとして、“最高の能力”、“溢れる熱意”、“正しい考え方”を常に高めます。
そして、以下の『全員経営の心』により、自らが成長すると共に仲間のため、顧客のため、社会のために貢献します。

『全員経営の心』
  1. 当事者意識を持つ
    役職員一人ひとりが経営計画の遂行に責任があることを自覚する
  2. チームワークを持って協働する
    役職員相互がコミュニケーションを充実し、仲間を尊重し、協働する
  3. 自主・自律の精神をもって最善を尽くす
    役職員一人ひとりが変革と挑戦の気質を持ち、自己研鑚に努め、
    一人ひとりの持ち場で自ら進んで行動し、自分の頭で考え、最善を尽くす

オリエンタルコンサルタンツでは、上記したOCウェイ(経営理念・経営姿勢・行動指針)をはじめ、我が社のビジョンや経営計画、目標達成のためのスキルやルール・仕組みをまとめた冊子を全役職員に配布しています。

我々のビジョン

長期ビジョン

日本一、世界に伍して戦えるコンサルタント企業

日本一

コンサルタント業界において、“個の成長”、“企業の成長”、“豊かさの実感”そして“情熱とやりがい”について、総合的にナンバーワンのコンサルタント企業になる。

世界に伍して戦える

さらなる個の強化と、強い個同士による連携の強化により、世界のコンサルタントと対等に戦えるコンサルタント企業になる。

中期ビジョン(2025年)

日本トップブランドの技術により、社会価値創造企業になる

変革(チェンジ)

現状の建設コンサルタントの業務遂行体制は、発注者からの要請・仕様に対して解決策を提示する受け身の体制が中心である。 我々は、自らがインフラ事業の課題を見つけ出し、主体的に企画・提案する“主導型ビジネス”へ変革することで、社会価値創造企業を目指す。

挑戦(チャレンジ)

現状の建設コンサルタントのビジネス形態は、発注者からの委託を受け、業務を遂行し対価を得る“受託業務”が中心である。 我々は、自らが提案するインフラ事業に対して、自ら資金調達し、事業主体として技術サービスを提供することで利用者・購入者から対価を得る“事業経営”に挑戦することで、社会価値創造企業を目指す。

情熱とやりがいプロジェクト

“情熱とやりがい”こそ、成長の原動力!!

「役職員と家族が豊かさを実感し、個が成長し、企業が成長する」
我々の経営理念である「I-Plan」では、このような好循環を生み出すことで、真に魅力ある企業に成長していこうとしています。その原動力こそ、役職員一人一人の“情熱とやりがい”としています。そして、“情熱とやりがい”をさらに高めるために、平成24年12月から『情熱とやりがいプロジェクト』を始動しました。
我々は、創立50年以上の歴史の中で、“自由闊達で、チャレンジ精神に富んだ”企業風土を築き上げてきました。その歴史を受けて、今後さらに『情熱とやりがいプロジェクト』を通して、役職員一人一人の“情熱とやりがい”を結集させ、真に魅力ある企業に向かって、力強く前進していきます。

情熱とやりがいプロジェクトとは

情熱とやりがいプロジェクトは、「長時間就業からの脱却」と「魅力とやりがいの醸成」を目的に、8つの経営施策を総合的に実践しています。

実践中の経営施策

項目 実践中の経営施策
①社員数の増員 • 優秀な技術者の確保(新卒、キャリア、シニアの採用強化)
②就業環境の改善 • ノー残業デーの推進(毎週水曜日=ノー残業デーの定着)
• 定時以降の電話自動応答への切替によるメリハリ
③品質の確保 • オンリーワン、ナンバーワン技術の確立(研究開発)
• 照査・レビュー体制の強化(意識向上、体制充実)
④業務処理の効率化 • 社内ナレッジの共有(業務遂行のベスプラ事例整理)
• 業務効率化に資するIT環境整備(標準化、システム化)
⑤やりがいづくり・見える化 • 冊子“情熱とやりがい”の発刊
• 小中学校への出前講座(社会資本整備の意義、コンサルタントの役割)
⑥人材育成の強化 • 階層別研修、分野別研修による技術力・マネジメント力の育成
(成長ステップに応じて、3~5年間隔で定期的に受講)
⑦チームづくり • 各支店レクリエーション活動(家族やアルバイトも参加し、1泊旅行やバーベキューなどを実施)、クラブ活動に対する会社支援の拡充
⑧処遇の改善 • 過去最高の給与水準への引き上げ(初任給、年収ベースアップ等)
• 多様な就業環境の実現に向けた在宅勤務、定年延長等の諸制度の整備
TOP