製品・サービス

ドローンの機動力とAIの判別力で渓流調査に革新を

お手持ちの汎用ドローン等により空撮した広範囲な渓流の高解像度の連続写真を、クラウド上にアップロードするだけで、自動的に地形を生成、独自のアルゴリズムを用いて自動で石礫を抽出、礫径を判定し、砂防調査に必要なレポートを出力します。

現状人力による作業が主体のため、砂防渓流の現地調査では多くの課題が発生

  • 広範囲で作業量が多い
  • 作業員の安全確保が困難
  • 作業の効率化や短縮が困難
  • 作業員ごとにデータの品質にばらつきが発生

特徴

ドローンの機動力とAIの判別力を生かし、砂防調査の課題を劇的に改善します。

簡単

撮影した画像をアップロードするだけで、自動的にオルソ画像を生成、AIが石礫を自動抽出し礫系分布グラフも自動生成します。

早い

データのアップロード後、すぐに処理が開始され、人手を要することなく、2日以内に解析結果を得られます。

安全・安心

足元の悪い現場を歩く必要がありません。職員の安全・安心を確保し、人によるデータのばらつきもありません。

本システムのメリット

作業時間の削減、データの品質向上、経年変化の管理、情報の共有化など、渓流調査のスマート化を実現します。

「作業時間約70%削減」イメージ
作業時間約70%削減

現場調査の人数・資料作成時間を大幅に削減します

「データの品質向上」イメージ
データの品質向上

作業員ごとのバラツキがなくなり、検出結果が均質化します

「調査ツールとして有効活用」イメージ
調査ツールとして
有効活用

渓流調査に役立つ様々なオブジェクトの記録や、データの経年変化、災害前後の比較などを簡単に行えます

「情報共有の効率化」イメージ
情報共有の効率化

大容量のデータも楽々管理し、関係者との現地情報の共有を容易にします

本システムの機能

  • オルソ画像・点群データ・DSM・赤色図の自動生成

    ドローンで撮影した画像をアップロードするだけで、オルソ画像、DSM画像、三次元点群データを自動生成。パソコン上でソフトウェアをインストールし、パラメータ設定をするなどの煩わしい作業はありません。

  • AIによる石礫自動抽出

    オルソ画像からAIが自動で石礫を判別し、石の大きさ・数・位置を自動計測します。特定のエリア、上位200個の石の抽出など、砂防調査に必要な情報を簡単に取得できます。

  • グラフ・レポートの自動作成

    礫径分布グラフ、・粒径分布グラフ、石礫抽出結果レポートなどを自動生成します。

  • 様々な計測ツールの実装

    使いやすく、見やすいWEB画面に様々な計測ツールを実装。距離、高度、面積、体積、角度、断面の計算など、簡単にお使い頂けます。

  • データダウンロード

    石礫抽出結果、点群、DSM、オルソ画像の各種データも、CSV・TIFF・LAS形式でダウンロード可能です。

  • プロジェクト管理

    プロジェクトや渓流現場単位で複数の時期のデータ登録ができ、データ管理の手間を削減します。

価格表

基本プラン

料金プラン 基本契約
基本使用料 ¥120,000/年
契約期間 1年
ストレージ上限 200GB
+

従量課金プラン

料金プラン 石礫判読なし 石礫判読あり
ストレージ上限 ¥300,000/月 ¥600,000/月
契約期間 1ヶ月 1ヶ月
契約回数 2回 2回
1回処理最大枚数 2,000枚 2,000枚
オルソ画像
DSM
点群
石礫自動判読
  • ※基本契約は年間契約の自動更新となります。画像処理解析は含まれません。
  • ※処理解析月に、処理回数と内容に応じて石礫判読なしプラン、石礫判読ありプランのいずれかまたは両方を申込ください。
  • ※いずれのプランも1回の処理(最大2000枚まで)につきオルソ画像・DSM・点群データの生成が含まれます。
    石礫判読ありプランの場合、石礫の自動抽出、礫系分布グラフ・レポートの生成も含まれます。
    成果物は基本契約の有効期間中クラウドに保存されます。
  • ※撮影機体、撮影についてはお客様にてご用意頂く必要があります。
  • ※価格は全て税抜となります。
TOP